FC2ブログ

咲庵日記

2008-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駒井家住宅見学

CIMG6615-2.jpg


京都にある、ヴォーリズ設計の駒井家住宅です。
8月の勉強会は、和洋折衷の住宅を見ようということでやってきました。

昭和の始めに建てられた住宅で、外観はスパニッシュ様式です。
スペイン風といいながらも、どこか懐かしいように思えるのはどうしてでしょう?

また、緑に囲まれた、たたずまいが、より建物を引き立てているようです。


080823_1349~02

内部の壁は白い漆喰で塗られていて、窓周りや枠周りの木部はダークな茶色に塗られていました。
部分的に緑かかったグレーに塗られていたところもあったのですが、
これは戦後、アメリカの将校が住んでいたときに、その色に塗られたものだそうです。

うーん、文化の違いだ・・・・・・・。

h820.jpg


収納は比較的多くとられていて、家具はできるだけ置かない工夫をしているそうです。
確かに、家のデザインがここまではっきりしていると、中途半端なデザインの家具を置くと
完全に浮いてしまうでしょうね。

この家に住んで、統一感を持とうと思うと、購入する際に一旦考えて買うかもしれません。
無駄なものを買わなくて済むかもしれないなぁ~。


080823_1326~01

係りの方はボランティアだと思うんですが、アットホームな雰囲気でありながら
熱心に説明していただきました。

この建物を大事にしていて、愛着を持たれているように感じたのでした。
私も、このように長く愛される建築を創りたいものです・・・・・・。







スポンサーサイト

下見の天丼

20080823224138


8月の勉強会は、京都にあるヴォーリズ設計の「駒井家住宅」の見学です。

現代の生活に和のデザインを求めるとなると、大正ロマンの和洋折衷住宅にたどり着きました。
そこで、大正から昭和の始めに活躍した建築家ヴォーリズの住宅の見学となったんです。

午前中に下見をして午後からの見学会の予定です。
見学会の後のお茶をする店を探すついでにお昼を食べようとめぼしいお店を探しました。
うろうろして、銀閣の近くまでやってきてお目当てのお店を見つけ出したんです。
でも、まだ時間が早く開店していませんでした。
車をパーキングに停めてしまったので、仕方なく近くでお昼としました。

観光地のちょっと鄙びたお店に入り、なぜか天丼を食べたのです。
少し薄味でしたけど、おいしかったんです。
京都の風情がありました。

結局、見学が終わった後のお茶は近所の焼きたてパンを売っている喫茶コーナーにしました。
これはこれでよかったんです・・・・・・・・。(汗)




藍水忌居合道大会

CA3A0079.jpg

私たちの居合の師匠、故麻田藍水先生をしのんでの居合道大会も
今年で10回目を数えます。
先生がご存命の頃からは会員数も3倍にふえ、大会も年々華やかになってきました。

今回は、奈良から範士八段の吉岡先生が開会の儀式を執り行ってくださいました。
予定には入っていなかったんですが、突然の先生のお申し出にびっくりするやら嬉しいやらです。

これで、大会にも大きな箔がつきました。
私たちの会も、これで新しい大きな一歩を踏み出すいい機会になったように思えます。


CA3A0084.jpg

四天王寺さんの万灯会

20080816023422

お盆です。
今年も四天王寺さんの万灯会にきました

今年は、ろうそくの数が一本増えました。

ときおり、強い風が吹き抜けます。
風で炎が揺らぎます。

アウトドアスタイルおっさんバージョン

20080813221110

夜中に走って夜中に帰る。
アウトドアスタイルのおっさんバージョンです。

車を走らせていたあいだは飲めなかったビールを
仮眠をとるまでアウトドアで楽しむ、おっさんたちです。

夕方に飲んで、休んでから、
夜の高速で帰途につきます。

これはこれで、結構楽しいんです。

大国主命のお留守に出雲大社の本殿にお邪魔しました。

20080813132620

出雲大社は、約60年に一度、遷宮をします。

伊勢神宮は20年に一度、すっかり建物を新しくする式年遷宮なんですけど
出雲大社は、大国主命に、仮殿に一時的におうつり願って
本殿を大修理するんです。

その大国主命のいない修理前の本殿を
約60年に一度、観ることができるというので高校時代の悪友と夜の高速を飛ばしてやってきました。
拝観の申し込みを往復はがきでしていたのですが、事前予約はもう満杯だということで
朝早くに整理券をもらいに行くことになったんです。

朝、7時に出雲大社の前に車で行くと、駅から降りてきた人なんでしょう
本殿のほうに、みんな走っていくじゃないですか
これはあせりましたね。

負けずに悪友と二人、久しぶりに走りましたよ。
無事、9時からの拝観の整理券を手に入れ、ホッと一息です。

さすがに、出雲大社の本殿はすごい!!
太い柱や梁に圧倒されました。
また、板壁の大きさ、江戸時代にこの本殿は建築されたそうですが
板と板との収縮が見られない。
たて張りの板壁はどうも2重張りのように思えたので、立ち止まってじっとみていましたら
警備の人に早く移動するように叱られました。

本殿の中は、思ったよりあっさりしていて、住居のような感じでした。
ただ、天井に描かれていた、五色の雲型が不思議な印象を与えます。

出雲大社は現在の建物の高さで、24mある大きなものですが
平安時代には48mの高さであったといわれていました。
これは現代の15~16階建てのビルに相当する高さです。
これはほぼ事実だったそうですが、古代には約100mもあったとも言われています。

日本の木造建築はすごい!!

久しぶりの八尾道場

ll.jpg

久しぶりに居合の稽古に参加しました。
ずっと土日が忙しくなかなか道場にはいけなかったんです。
やっぱり、道場はいいですね。
気持ちが締まります。
でも、工夫をすれば、どこでも稽古はできるんです。

かといって、自宅で稽古するような殊勝な心がけはなかったんですけど
素振りやちょっとした運動はしていましたけどね。

やっぱり、集中力が落ちています。
業前よりも、気がなかなかはいらないです・・・・・・。

稽古をしてこそ、気がみなぎるんですね・・・・・。(汗)

含水率計

20080810215647


月一回の建築の講座を一緒に受けている友達が含水率計を買ったんです!!

含水率計は、木材などに含まれている水分を計る器械です。
建築材料として無垢の木を使うわたしたちにとって
木材の乾燥度合いを測るには、必要なモノなんです。

私は今まで、現地で製材所の方に借りてそこではかっていました。
でも、林産地から現場に運ばれ、建てるときにもう一度、確認したいな。
自分でも欲しいなと思っていました。

その辺の話をしていたら、友人が次に会ったときにネットで買っていました。

出し抜かれてしまったんです。

でも、おもちゃみたいな器械のくせに、5万円ぐらいするんですよ。
うーん・・・・・・。
年に何回しか使わないので、ずっと迷っていたんです・・・・・。

よし、今度、仕事が出たときに購入しよう・・・・・・。

やっぱり先延ばしにするオカでした。(汗)

いきなり、通勤ライダーします。

20080805181841

買ったんです。
メッセンジャーバッグ!
ガソリン代が月に二万円ほど
高くなるようなんで
東急ハンズで、一万八千円出して買いました!

短絡的ですね。

これで片道8キロの道のりを
五十分ほどかけて通勤します。

徐々に慣らしていこうと
思っています。

友達の某営業マンに感化されたのです。
いや~。
やせる思いです?

アールデコ  ヴォーリズ

CA3A0062.jpg

ガソリンが高くなりました!
私は仕事で車に乗ることが多いので、かなり堪えます。
まして、事務所までの通勤に車を使っています。
朝、事務所に行く前に現場なんかに寄るのに都合がいいからなんです。

でも、毎月のガソリン代が2万円台だったのが、
今月、下手をすると5万円近くになりそうです。
このごろは、ちょっと遠出も多かったこともあるんですが・・・・・・・。

ある「決意?」をもって、休日の心斎橋にやってきました。
自己防衛のために、ある買い物をしようかとたくらんだのです。
 
その関係もあって、某デパートを訪れました。

いま、和のデザインにひかれているのですが、
洋のデザインに和のティストをくわえた大正昭和初期の
建物のデザインにも、すごく興味を持っています。

だいぶ前、若い頃にもこの建物に惹かれここで写真をとりまくり、
うろうろしていたことがあったのですが
改めてそのすばらしさに圧倒されました。


CA3A0060.jpg

一階の売り場の天井です。
すごいですよね・・・・・。
基本的に大正時代のデザインをそのまま残しているんだろうと思います。

でも、買い物しているときは、天井なんかあんまりみあげないよなぁ・・・。
もったいないよなぁ・・・・・・。


CA3A0055.jpg


天井周りと違って、この階段のディティールは、目につきやすいですよね。
レトロで、あったか味のある幾何学的なデザインは
アールデコなんだろうな・・・。

CA3A0058.jpg


エレベーター周りのデザインも圧巻です。
ちょうど、中学生の社会学習だと思うのですが、
学生服姿の女の子がエレベーターの案内の
研修をしていました。
なかなか、はっきりと声を出して堂に入った仕事ぶりでした。


大正から昭和初期にかけて、大阪は大大阪の時代といって
東京に対抗する繁栄を謳歌していたんですね。
その頃作られたすばらしい和洋折衷の香りのするデザインの建物は、
後に大正ロマンの建築といわれることもあったそうです。

このデパートは、アメリカ人宣教師ヴォーリズが設計したものです。
大正ロマンの建築の傑作だと思います。
久しぶりに、改めて感激したんです!

ヴォーリズは、教会や小学校などの公共建築だけでなく
住宅なんかも多く設計しています。
いま、すごく興味をもっています。

よし!8月の丹陽社の勉強会は、ヴォーリズの住宅を見学に行こう!!


あっと、「決意?」をもった買い物は、別の店でしました・・・・・・。
次回、書いてみようかな~。

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

オカ

丹陽社のホームページ

大阪で
木の家を建てるなら

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。