FC2ブログ

咲庵日記

2008-01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木造住宅気密実験

CIMG4623(小)



夫婦で設計の仕事をされているMさん宅を訪問しました。

この間、Mさん夫婦はご自身で28年前に設計された自宅をリフォームされ
それを機会に、この住宅の気密性能を測定してみようと考えられたんです。

「住まいと環境社」の代表の野池さんから気密測定機「DR.ドルフィン」を借りて
私たち設計仲間とともに測定をしたのです。
もちろん、野池さんの指導の下にわいわい言いながらやりました。



CIMG4629(小)



CIMG4635(小)



この「Dr.ドルフィン」は、家の中の空気を強制的に排気し
家の中の気圧を負荷にして
外気の侵入量を測り、その家の気密性を測定するのです。

家の中の開口部をすべて閉め、外気を遮断しました。
そして、掃きだし窓をひとつだけ開け、そこにポリエチレンシートを張り
組み立てた「Dr.ドルフィン」をシートに密着して設置します。
外部に室内の空気を排出するため、機械の排気口に接してシートに穴をあけました。

作業をしているTさんは最近、大手の住宅メーカーをやめ、独立されたんです。
そのころから伸ばされはじめたヒゲがさまになっていますね。


CIMG4637(小)



測定を始めたんですが、思うような結果が出ません。

どうしたんだ?
機械の故障かな?

ひとしきり、機械をいじりまわします。
なんだかんだとやってますと、
わかりました。
二階の窓が開いていたのです。

仕切りなおしで、やり直しました。
いろいろなところから、外気が吹き込んできます。
ここのお宅は、外部のサッシは木製で、内側に障子を入れた二重の建具が多いのです。
サッシの隙間からかなり吹き込んできます。
ダウンライトの隙間からもです。

思った以上に、隙間風が侵入してくるのに驚いたんです。




CIMG4658(小)



実験を終え、後片付けをしていたらお昼になりました。
そして、奥さんの手料理をご馳走になりました。
雑穀ご飯と鶏のソティ、カレースープにサラダ
おいしーい!
味も盛り付けも、プロ並みですね。

私は、住宅の高気密が絶対的にいいとは思っていないのです
高気密にすれば確かに熱容量の節約になり快適な環境を造りやすいことは確かです。
ただ、日本のように温暖地域で高湿度の環境では、湿気やハウスダストなどの影響を
考えるとどうなのかなと思ってしまうのです。

でも、木製の建具の隙間の多さには正直ビックリしました。
内障子をつければ温熱環境は緩和されるのでしょうけど、
隙間には効果はあまりないようですね。

やっぱり、アルミサッシは偉大なのです。

ここでも木製サッシとアルミサッシは
デザインを取るか機能を取るかという、いつもながらの話になってしまうのでした。

スポンサーサイト

駿河紀行 ~ 巨木伐採 ギネスの木橋 絶品とろろ汁

CIMG4599.jpg



お客さんと静岡材を見に行きました。
今、私はこだわりの家造りをしているんです。

やっぱり家を作るのなら素性の知れた材料で納得の家を造りたいという
お客さんと意気投合して一緒に静岡までやってきました。

やってきた材木市場には、国有林から切り出されたクスノキの巨大な原木が
運ばれていました。

で、でかい!!

観るだけで圧巻でしたね。

トラックに積むと、車が揺れるだけでなく
地面も揺れたんです。


CIMG4605.jpg



次に製材所に向かったんです。

スギやヒノキを昔ながらに天然乾燥させて、狂いの少ない静岡材を作る製材所です。
丈夫で長持ちする家は、充分乾燥させた国産材で作るのが一番だと思っているのです。

でも、向かう途中で観光もしました。
名高い大井川にかかる木の橋としては世界一長い「蓬莱橋」を訪れました。
ギネスブックにも掲載された有名な名所です。

なぜか、身じろぎもせず主人を待つ、忠犬を見つけました。


CIMG4609.jpg



切り出された、材木は少し大きめに製材され、約半年から一年
雨風にさらされ乾燥させて、ぞんぶんに狂いをださせて、
出させきったところで、もう一度製材します。
これで、収縮変形の少ない木材ができるのです。




CIMG4589.jpg


実は、静岡材を見学する前に、お昼に東海道の丸子宿名物の
とろろ汁を食べました。

とろろは野生のとろろ芋をすってだし汁を加えたものです。
麦飯にかけて食べれば、本当においしい。

静岡に来て、とろろ汁を食べるのは今回で3回目なんですけど
今日は、観光地でみんながよく行く場所でなくて
地元の人には有名なんだけど、あんまり知られていない穴場に行きました。

山の中の車がすれ違うのがやっとだと思う細い道を行きました。
どこに連れて行かれるのかと思うぐらいのひと気の少ないところのように思えました。
丸子の「渓月」というお店でした。
そこでとろろ汁定食を頼んだのです。

おいしい!!
こくが違うね!!
お客さんと一緒に行った甲斐がありました。
また、お店のみなさんが家庭的な感じでまたいい!

この旅の本当の目的はこれだったのかもしれないなあ・・・・。


イーグルに聞け

20080119103903
新幹線に乗って静岡に向かう途中、
読書に疲れて窓から空を見上げると
雲のかたちが天を舞う鳥の姿に見えました。

前に読んだ本の題名を思い出したんです。

イーグルに聞け

あまりにも強力なため封印されていた・・・・・!!

080116_2151~0001



うわさには聞いていました。
効果が抜群なのですが、ただその副作用というか効用の結果というか
あまりにも、人に不快な思いをさせることがあるので
封印されていたようなんです。

某能楽師のお家にお邪魔したときに、お母様の手作りの品をいただきました。
人間国宝でもあるお父様は、あまりの強さに一切口にしないということらしいのです。
それ以来長年の間、お母様は一切作らず、最近になるまで封印されていたそうなんです。

それは、
「にんにくの飴煮」です。

しょうゆとお酒と出汁と砂糖で、とろ火で煮詰めて作るのだそうです。
一口食べるとホコホコして本当においしい!!
パワーも満点です!
料理の仕方によってパワーの源泉になる成分をより活かすことができるのかも
しれないですね。

でも、そのパワーに比例して匂いには強烈なものがあります。
私は次の日のこともあり、ひとかけらのみ食しました。
やっぱり、発する匂いは次の日の夜まで影響があったんです。

お母様は、にんにく好きのうちのメンバーのために
わざわざお土産に持たせていただきました。
次の日、喜ぶこと喜ぶこと!!
人の迷惑も顧みず、今すぐ社内で食べそうな勢いでした。

確かに、いつも食べている彼女はパワー垂れ流しだよな~。

居合道錬信会、初稽古、総会、懇親会!!

080112_1445~0001



私が稽古しています無双直伝英信流居合道の道場
「錬信会」の3道場の合同初稽古、総会、懇親会が開かれました。

私は阿倍野道場に所属しているのですが、他に堺道場、河内長野道場がありまして
毎年、機会を持って一緒に稽古するのです。


080112_1445~0002



参加者全員一人ひとり、今年の稽古始として演武をみんなの前で披露しました。

久しぶりにお会いする人も多いので、それぞれの業前の上達に目を見張るものがあります。
すごく刺激になりますね。
私も精進しなければなぁ・・・・・。

合同稽古のあと総会がありまして、行事、決算報告のあと今年度の役員人事
行事予定の報告決議がありました。
なぜか私が総会議長を任され、戸惑いながらも、噛みながらも
(ホント舌が回らなかったんです。)

何とか、問題なく議事進行が行われました。

よかった、ヨカッタ!!


080112_1735~0001


総会のあと、場所を移してみんな待ち遠しい懇親会です。

錬信会の前会長で日本居合道連盟の堺支部長の小林先生のご挨拶で
錬信会の合同懇親会が始まりました。


080112_1801~0001


総合司会のモーちゃん、今回の成果はあなたにかかっていますよ。
頑張ってください。

彼は、私たちの期待にこたえるべく、今日は紋付の和服で出席してくれました。

うん、うん、あなたは、期待にこたえてくれる人ですね~。


080112_1938~0001



錬信会の美人剣士の一人、水谷剣士も大喜びです。

いつも思うんですけど、剣道でも居合でも女性剣士はいいですね~。
うん!華がある!!


080112_1944~0002





080112_1944~0001



中締めは、モーちゃんのイッポン決めで〆ました。

小林支部長によると、イッポン締めではなくてイッポン決めと言うことらしいんですね。
いやいや、知らなかったな~。

080112_1937~0002


みんな今年も精進して、稽古に励みましょう!!

楽しくなければ続かない!
上達すれば楽しくなる!!!!

「楽しく、仲良く、真剣に!」

亡き師匠、麻田先生のお言葉です。
小川先生、楽しくご指導お願いします!











新春芸能競演にのっかっての新年会!

geinouo_omote.jpg


お正月気分も抜けず、仕事も始まらない6日の日曜日に
山中能舞台で仕舞と日本舞踊の芸能競演があるというので
事務所のみんなで行って来ました。

能楽や日本舞踊などの和の文化をより知りたいという気持ちもあったんですが
そのあとの懇親会も楽しみだったんです。

仕事が始まる前に一挙に新年会もしてしまおうというたくらみです。


a.jpg



とっきープロデュースラボラトリーの時任達典さんの司会で、奈良の芸妓さんの菊乃さん
能楽師の山中雅志さんのトークショーから始まりました。

和文化の継承者であるお二方から普段では聞けない裏話を聞かせていただきました。
時任さんの突っ込みで菊乃さんは、しゃべるよりも踊っているほうが楽だと
おっしゃっていましたよ。


d.jpeg


さすがに芸妓さん、あでやかできれいでした。
あとの懇親会でもこの衣裳のまま参加していただきました。
菊乃さんの周りにはハエのように男性が群がること群がること!



f.jpg


山中雅志さんの師匠の生一知哉さんです。
重要無形文化財総合指定保持者です。
さすがにすばらしい。
能のよくわからない私にも静かな動きのなかに秘められた
その迫力は伝わりましたよ。



e.jpg



おなじみ山中雅志さんです。
迫力のある「箙 えびら」という仕舞を舞われました。
むかし武士に人気があったという演目だそうです。
やっぱり迫力があるよなぁ・・・。



c.jpeg


演目が終わっての懇親会です。
和やかで楽しい宴です。

よし、これでうちの新年会は終わったぞ!!
うちの事務所のみなさん、気持ちを切り替えて仕事をしましょう!!

能面のおはなし

071214_1946~0001




能楽師の山中さんのやっておられるイベント

「why don't you "能"?」

を観に肥後橋の住友クラブに行ってきました。

今回のテーマは能面。
室町時代から伝わる貴重な能面を持ってきていただいて
いろいろな珍しいお話を聞かせていただきました。

貴重なコレクションもさることながら
実際に能面を打たれている能面師の方もいらっしゃって
それは興味深い会でした。

能面というのは、基本的に今まであった面を模写しなければいけないそうです。
型紙を能面の断面に合わせて造り、その断面の型紙に忠実に沿って
ヒノキの素材を彫っていくのだそうです。

また、新しく作った新面に古色(エイジング)を施し、古さをわざわざ演出するのです。

そこには独創という考え方はまったくありません。
伝統を守るという意識なんです。

でも、そうしても個性というのは出るもののようです。


この会は昨年の12月14日に催されました。

出演者は能面師の 大南楢真氏
      能楽師の 佐野和之氏
      能楽師の 山中雅志氏  でした。
                      





071214_2001~0001


071214_2026~0001



071214_1948~0001


071214_1954~0001







初詣に行ってきました。

20080102095838


生駒山宝山寺に初詣に行ってきました。
小さいころは、父親に連れられて近鉄生駒駅からケーブルカーに
乗り換えて石畳の参道を上っていったものでした。

いまは、もっぱら車で山門近くの駐車場まで行きますので
参道を歩くことはめったにありません。

この大晦日、寒波が襲ってきて道路が凍結するかも知れないとの
予想が出ました。
寒いと阪奈道路が凍結して通行止めになる恐れがあるんです。
今年の初詣に通行止めは縁起が悪いと思い
安全をとって大阪からトンネルを通って奈良に抜ける第二阪奈道路を選びました。

生駒駅の横を通って山門横の駐車場を目指したんですが、
途中、ガードマンがいて山のふもとの駐車場に停められたんです。

ビックリしたんですが、その駐車場から参道脇の駐車場まで
参拝用にシャトルタクシーが往復しているのです。

「へぇー、知らなかったなぁ!!」

運転手さんに聞くともう5~6年になるということです。
生駒駅の近くからもシャトルタクシーが出ているそうなんです。
おかげで、何十年ぶりかで参道を歩いて上りました。

むかしは階段状の石畳に歩幅が合わなかったんですが
今は無理なく上がっていけます。
見上げますと、新しい大しめ縄を飾られた大きな石の鳥居が見えたんです。





あけましておめでとうございます

20080101043647



あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いします。


昨年はいろいろな方とのご縁があり、いろいろなつながりができました。
今年は、このご縁を大切にして本当にみなさんが喜んでいただけるように
したいと思っています。

ありがとうございます。

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

オカ

丹陽社のホームページ

大阪で
木の家を建てるなら

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。