FC2ブログ

咲庵日記

2007-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「倚松庵(いしょうあん)」 見学会

CIMG4372.jpg



CIMG4402.jpg



うちの事務所の勉強会で谷崎潤一郎の住まいが保存されているので見に行きました。

和と洋がうまくミックスされた建物のデザインが気になっていたのです。
そして大正から昭和かけた時代に建築されたものがその特徴をうまく現しているのでは
ないかと思ったんです。

いろいろ検討した結果、以前から気になっていた谷崎の「倚松庵(いしょうあん)」 を
見学することにしました。

当日はお天気がよく、さわやかな風が吹いていました。
建物の説明を武庫川女子大で谷崎潤一郎を研究されている
栗田さんが谷崎のことやこの建物のことを詳しく説明していただき
本当にありがたかったです。
説明がないと、「ふーん・・・・・。」というだけで終わってしまいますものね。

うちの勉強会の参加者も10人程度集まりました。
みなさん初対面の方も多かったんですが建物を見て回るうちに、
それぞれ打ち解けられて見学のあとのお茶の時間には、いろいろと話が弾みました。

今回は知らない方どうしが多かったので、ちょっと心配していたのですが
いつもどうり楽しい勉強会になりました。

建物の和と洋をうまく咀嚼したデザインにも感心したのですが
動線を考慮した合理的な設計にも驚きました。
今の生活にも充分通用する建物です。
谷崎がこの建物を愛したのもよくわかるような気がしたんです。
スポンサーサイト

晩秋の蟷螂

20071124003303
歩いていて、ふと目に止まったんです。
お寺の玉垣の上にカマキリです。
寒くなっている、この頃ですが日の射しているところは、けっこうあったかいんです。

珍しかったので携帯で写真を撮ろうと近づいていきますとカマを振り上げて威嚇してきます。
寒さにも負けずけなげなものです。

お知らせ  丹陽社11月の勉強会

h19.1110.jpg


* 建築に興味のある方ぜひご参加ください。
      住まいを建てる予定のあるなしにかかわらず
      一緒に建物について語り合いましょう。



「倚松庵(いしょうあん)」見学会
        大正時代の建物を見学してみましょう!


日   時: 平成19年 11月 24日 (土)  PM 2:00

集合場所: 倚松庵 兵庫県神戸市東灘区住吉東町1-6-50
(現地集合)
      六甲ライナー 魚崎駅 北へ150m (徒歩2分)


11月の勉強会は、神戸市東灘区にある「倚松庵」を見学します。
倚松庵は、大正のの文豪谷崎潤一郎が、松子夫人とその妹たちと
1936年~1943年の7間に居住し、「細雪」の舞台となった日本家屋です。
NPO法人谷崎文学友の会と地元住民によって、平成2年に芦屋から現在の
神戸市東灘区に移築され歴史的建築物として保存されています。
大正時代の建物は、洋風の生活スタイルを取り入れながらも、
日本を意識し主張したものが多く、
倚松庵でも和洋折衷様式が随所時にみられるそうです。
応接間や書斎が当時のまま保存され、自筆の書籍や原稿も
展示されています。

今回の勉強会は、和洋折衷様式を取り入れた建物を
見学したいと思います。
お気軽に参加して下さい。


ご希望の方は、必ずメール、電話などで事前にご予約下さい。

      詳しい資料を送ります。 なお、参加費は無料です。


        ■お問い合わせ先

        有限会社 丹陽社一級建築士事務所
        TEL:06-6764-1956 (担当 岡)    
        詳しくは、メール にてお問い合わせ下さい
oka@tanyosha.co.jp


* 是非イベントに参加して丹陽社を知ってください。

 丹陽社では、イベント出展、セミナー、勉強会等を
積極的に行なっています。

      
できるだけ多くの方と一緒に「本当にいい家」について
語り合えたらと思っております。

 お気軽にご来場、ご参加下さい。お待ちしております。

龍馬の生まれたまち記念館

20071108185908


「龍馬の生まれたまち記念館」にやってきました。
高知から大阪へ帰る飛行機に乗る時間に余裕があったんです。

申し訳ないことにsプレカットの社長に案内していただきました。
わざわざ時間をとっていただいてホント感謝しています。
 
おかげで龍馬さんにあうことができました。
学生時代夢中になって読んだ司馬遼太郎の「竜馬がゆく」の
場面をいろいろ思い出しました。

土佐無垢材の家見学

20071107151951



千葉のイマジンホームの青木社長の企画です。

林産地の自然素材をお客さんに実際に見てもらい
国産スギヒノキ材や漆喰を使ってもらうことを
考えようということで、高知県までやってまいりました。

徳島や吉野、静岡の山に入って原木を見てきましたが
今回は高知県の土佐材です。
佐川町のここでは人工乾燥の木材に力を入れています。

今まで自然乾燥の木材を中心に見てきたので
人工乾燥には、ちょっと偏見がありました。

でも、木材の内部の亀裂をすくなくする最新鋭の機械と
製材に対する細やかな気遣いに今までの認識を新たにしました。
実際にここの人工乾燥の木材で建てられた築2年の住宅を
拝見したのです。

木の色艶も美しい。
すばらしいものでした。

関西地区居合道昇段審査

20071104111249


今日は日本居合道連盟関西地区の昇段審査です。
稽古をしているとその証に、やっぱり昇段審査というのは
避けて通れないですよね。

私は次回の昇段審査までにはまだ必要年限がありますので
今年は受けないのです。
でも、みんな一生懸命稽古をして今日に挑んでいます。

力不足ですが応援にやって来ました。

みんな、ガンバレ!!



20071104111348


剣道もそうなんですが、居合いの昇段審査には実技だけでなく
筆記試験もあるのです。
居合いの理合や心構えなどが出るのです。

体育館の床に答案用紙を置きその場で解答するのです。
しゃがみこんだ姿勢は、ちょっとつらいものがあります。

私は当たり前のことだと思っていたのですが
知合いに話すとけっこうビックリされました。

そうだろうなぁ、かなり変だよなぁ・・・・。

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

オカ

丹陽社のホームページ

大阪で
木の家を建てるなら

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。