FC2ブログ

咲庵日記

2007-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

焼き鳥屋さん!

20070623192308


スポンサーサイト

鍛冶機長がやってきた!

20070622182030


突然彼はやってきました。
 
高校の時の友達の鍛冶です。
航空自衛隊にいて、転勤族で所在不明だった鍛冶です。

今は、自衛隊を辞めて、日本航空に入り北海道の空を飛んでいるのです

このたび、娘さんがキャビンアテンダント、
いわゆるスチュワーデスですね。に見事合格したので伊丹に住まいを
一緒に探しに来阪したのでした。

見せてもらった娘さんの写真はすごい美人です。
そりゃぁ、スチュワーデスになるんだから当たり前なんですが
目の前の鍛冶の娘さんとは思えないぐらいです。
多分、可愛いんだろうなぁ・・・・・。

それにしても、この間の同窓会ぶりです。
一度は鍛冶のすむ、北海道に尋ねていこうかと思っていたのですが
いろいろ忙しく果たせないままになっていました。

懐かしい!懐かしい!

久しぶりの祝杯を挙げようかと思っていたのですが
予定が合わず、次回にとなりました。

よし!今度は行こうぜ!!

いろいろ話をしていると、うちの事務所を訪ねるきっかけになったのは
どうも、前回のブログの記事のようです。
大阪へ来る前に、たまたま私のブログを見たみたいなんです。

彼は言いました。
昔とぜんぜん変わらんなー。
思いっきり笑ってしまったよ。


えー、どういういみだよー・・・・・。
まぁ、詮索はしないでおこう。

まぁ、懐かしい友が尋ねてきたのは、いいことだから・・・・。


信号無視でからまれる!

\"20070614010101\"


夕方、7時を過ぎて電話がかかってきたんです。
今やっている、建築現場の隣家の方からお施主さんの方に
クレームの電話があったとの連絡でした。

どうも、建築の足場が隣の家の塀にかかっているらしいんです。
急いで隣家の方に電話をしました。
どうも電話ですと要領が得ないんです。
今から見に行かせてもらいますと電話を切り、車で現場に向かいました。

6月で日の長いこともあり、7時とはいえまだ明るいんです。
車を走らせていたんですが、夕方の渋滞に巻き込まれました。
明るいつもりで走らせていたんですが、やはり7時半を過ぎると
暗くなってきます。
暗くなってから、憤慨されている隣家の方をお尋ねするのは
少々ためらわれます。
ちょっと焦りが出てきました。

渋滞の波から開放され、ようやくスムーズに走れるようになったのは
もう、8時近くなってあたりは薄闇が漂うころでした。

薄闇が迫る中、これは手ぶらではいけないなと思い、
ふと見つけた道路際のコンビ二に飛び込んだんです。
そこで贈答用のお菓子でも買おうと思いました。

間の悪いことに、コンビニでは手際の悪い店員さんひとりに
お客さんがズラリとならんでいました。
私の前の親子連れは、アイスクリームのほか店員さんに手間のかかる
ソフトクリームを頼んだのです。

ちょっとイライラしだした私の後にフリーターぽい中年が来たんです。
彼はアイスクリームを手に私の横に並び、私がスキを見せれば
割り込もうかという気配を漂わせ出したんです。

確かに彼が持っているのはアイスクリームなんで
先に譲ってもよかったかなと今では思っています。
でも、私もあせっていて意地悪な気持ちになっていました。
断固として譲る気はありませんでした。

彼は不服そうに私の横に半歩下がって並んだのでした。
ようやく私の番が来て、贈答用の水羊羹を頼みました。
そして、セロハンをはがして紙袋に入れてほしいと
店員さんに頼んだときはいらいらとした感じが
彼から伝わってきました。
確かに店員さんはもたもたとしていましたから・・・。

それから領収書を頼んだとき、
彼は私をにらみつけたような気配もありました。
私が見たときは、顔をそむけていましたけどね。

私もあせっていましたし、このような感じでいらいらしていました。
・・・・・・・・・。

外はもう暗くなっていました。
時計を見ると8時をすぎていました。

大急ぎで車に乗り込み道路に出ようと思いました。
コンビ二は4車線の比較的広い道路に面していて
そのかどには、斜めに細い道路が交差している信号がありました。

コンビニに面する細い道路から出ると信号は赤でした。
でもコンビニに面した広い道路から出ると青なのかもしれません。
私は、その道路の隅の部分から信号は赤なんだろうなと思いながら
道路を見渡しました。
見晴らしのよい広い道路です。

よし、車は来ない!行ってしまえ!!
イライラとあせりで魔が差したんでしょうね。
自分で赤信号で車を走らせた自覚がありました。

走らせてすぐじゃないんです。
ちょっとしてから、後ろから猛烈なクラクションが鳴りました。
私は驚いて、車を思わず蛇行させたぐらい悪意のある音でした。

後ろからきた乗用車が鳴らしたのです。
何事が起きたのかと、バックミラーで車を見ました。
すると、その乗用車は後ろから隣に車線を移し
並んで走るではないですか

私は、その車と運転手をまじまじと見たんです。
車は地味な乗用車ですが、乗っている人間は見るからに
ガラの悪そうなおっさんです。
何か言いたそうに、走っているのです。
ちょっとの間、にらみ合いじゃないんですが連なって走っていました。

これは、久しぶりに一波乱あるんじゃないのかな。
いやだな・・・・。と思っていました。

そのとき、また後ろから何か音が聞こえてきました。
はじめ何かわからなかったです。
赤いチラチラした光がバックミラーごしに見えるんです。
どうも車を止めろといっているみたいなのです。
車のナンバーを言っていました。

えっ、俺の車のナンバーだよな・・・。
ガラの悪いおっさんは、チラッと後ろを見てスーッと
逃げてしまいました。

パトロール中の白バイが私に停止命令を出しているのです。
指示に従い、車を道路の端に寄せました。

白バイから降りてきたおまわりさんは不思議なくらい親しげに
私に話しかけてきたのです。
「なぜ停められたかわかりますか?」
「赤信号ですよ、不注意だったのかな?」
「もう、お仕事を終えられて帰宅途中なんですか?」

ちょっと妙な感じになったんです。
そして、クレームがあり謝りに行く途中なんだと答えたんです。
「ああ、土日も休みなしに働いていらっしゃるんだ。
 大変ですね。」
「でもね、交通違反ですからね。
 これも神様が気をつけろといっているんだと思ってくださいね。」

えっ、何でこのごろ休みがなかったって知っているんだよ!!
それに神様からのメッセージだというのかよ・・・。
と、ちょっとびっくりして思いました。

おまわりさんは続けて言うのです。
「気をつけていないと、あんなガラの悪いのに引っかかるのです。」
「気をつけてくださいよ。
 厄払いでもしたほうがいいかも知れませんね。」

エーッ、からまれそうになったのを助けてくれたのかよー!!
・・・・・・・。

ちょっと厳粛な気持ちになりました。
本当に神様がおまわりさんの口を借りて言ってくれているのかも
知れないなと思ったのです。

時間はもう9時過ぎていました。
私は、おまわりさんの忠告に従って家に帰りました。
時間も遅いし、かえって迷惑だといわれるかも知れないなと
思ったのです。
このほうがいい結果を招くかと思いました。


次の日、きのういけなかったお宅に朝一番に行こうと
車に乗ったときでした。
突然、携帯が鳴り出しました。
現場に早めに行っている大工さんからです。
現場に着いた早々、隣家の奥さんから叱られたそうです。
「昨日は説明に来るといったのにまったく来ない。
一晩中待っていたのに、誠意がない。」
とかんかんに怒っておられるとのことです。

私はあわてて謝りに行き、しどろもどろで昨夜の説明をして
大謝りに謝ったのです。

何とかわかっていただき、事なきを得ました。
ほっとして車に乗り込み、ふと夕べ切られた反則切符を
見たんです。

そのときわかりました。
私の年齢が42歳と書いてありました。
おまわりさんは間違っていたんです。
42歳は男の厄年。

それで厄払いをしたらといったんだなぁ・・・・・。




百錬忌

20070608071818


先日、阿倍野道場の稽古が終わったあと
無双直伝英信流居合道二十代宗家、河野百錬先生の
お墓参りにいってきました。

毎年、5月のいいころに道場の有志でお参りをします。
百錬先生は、私たちの師匠、麻田藍水範士の恩師です。
麻田先生ご存命のころからの例年行事です。
例年のこととはいえ、なんだか引き締まる気がするのです。

今年は、阿倍野道場だけでなく堺道場、河内長野道場からも
多くの参加者がありにぎやかでした。
お参りが終わったあとの「なおらい」も当然華やぎ
居合談義のもとお酒もすすむのでした。

東大の稲山先生に木構造の講義をうけました

20070602184315


MOKスクールの講義で木構造の第一人者である
稲山先生の講義を受けました。

木構造は阪神大震災以来この12年、新しい技術工法理論が
どんどん出てきました。
いろいろな構造が実際に実験されて検証されているのです。

そのお話を聞きたかったのですが、
この6月に建築士法の改正があるんです。
当然、工法構造を私たち建築士が理解して提案しなければ
ならないのです。
そのため、改めての木構造のお話となりました。
それはそれで、興味深いお話でした。
大変ためになったんです。
でもなぁ~。
耐震の話をききたかったんだがな・・・・・。

おわかりのとおり、姉歯問題のため建築士の規制が大きくなりました。
そのための法改正なんですよ。
当分、勉強しなければならない日が続きそうです。

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

オカ

丹陽社のホームページ

大阪で
木の家を建てるなら

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。