FC2ブログ

咲庵日記

2006-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この標識見えるよね。

20060902085407


 


車で知人の家に行ってきました。


お互い会う事ができるのが、仕事が終わっての8時以降になりました。


駐車場が近くになかったので、家の人に確認して家の前に路上駐車をしたのです。


法律が厳しくなって、路駐はちょっとヤバイかなと一瞬思いました。


でも、大丈夫なはずなんです。


実は、うちのお祖父ちゃんは年齢のため少々足が不自由になっています。


そのため、駐車禁止除外の標識を車に置くことが許可されているんです。


車で移動するときは、その標識を車の中に入れておけば、駐車違反の切符は


きられないはずなんです。


駐車禁止除外の標識があるのを確認して、小一時間ほどお邪魔しました。


 


街灯の灯りのない中、車に乗り込み前を見ました。


フロントガラスに何か張り付いているじゃないですか。


なんだろ~?


車から降りて、ガラスに張り付いている紙をめくって見てみました。


 


駐車違反~!!!!


 


なんなんだこれは!


一瞬、反則金の金額が頭をよぎりました!


こんな人通りも少ない道路で、それも夜中10時ごろ、ましてや駐禁除外の


標識まで掲示してあるのに・・・・・・・・・。(汗)


 


動揺するココロを落ち着かせて考えました。


これは、単なる警告なんだろう、注意しなさいよという事だけかもしれないな。


もし、本当に駐禁とるとしても、標識があるのだから罰金を取るとはいわないだろう・・・・。


どっちにしても、明日朝一番に警察署に行こう!


 


自分に言い聞かせて、納得させました。


次の日、9時がくるのを待ちかねて、警察の交通課駐車禁止係りに行ったのです。


 その係りの部屋は、婦人警官さんでいっぱいでした。


初々しい感じの、婦警さんも2~3人いました。


制服がちょっと大きめに見えるのと、受け答えが可愛いので、


緊張していたココロもちょっと和らぎました。


 


その部屋で、担当の婦警さんに事情を話し、駐禁を免除してもらうようお願いしました。


始めはニコニコして、こちらのいいぶんを聞いてくれていました。


そして、その件を確かめるために、切符を切った警官に来てもらって事情を聞くと


いうのです。


わたしは、別にどういう事もないので、ただ待っていました。


きたお巡りさんは、就職したばかりのような若い人で、あろうコトか確認したけれど


標識は置いてなかったというじゃないですか!!!


いつもは、駐禁の取り締まりはあんな時間にしないのだけど、通報があったので


出動したというんです。


 


おいおいおい・・・・・。


街灯がついてなくて、暗かったけれど、懐中電灯で確認しただと?


確認したのなら絶対わかるはずだ!!!!


 


ここで、ぐっとこらえました。


けんかをしたら、ろくなことがない。


一生懸命、担当の婦警さんに、ちゃんと置いていたと説明を繰り返したんです。


切符を切った警官は、自分がいったことを忘れたようにボーっとして聞いている。


なんなんだ、この状態は、手ごたえがまったくない。


怒るわけでもないし、同情する訳でもない。


 


近頃の若いやつに注意したときとよく似ている・・・・・。


いつまでたってもきりがない。


担当の婦警さんが、たまりかねて言いました。


行かれたお家に、そのときの事情を聞きましょうと。


ちょっとあわてました。


相手のお家には、駐禁でつかまったとはいっていないですし、


その場所においてもいいといったのは、そのお家の方だからです。


でも、仕方がありません。


電話をしてもらいました。


 


奥さんが出られて、始めはびっくりされたようですが、


その日その時間に、うちのお祖父ちゃんとわたしが訪ねていったことを


証明してくれたのです。


 


よかった~。


 


あとで、奥さんに電話をしてご迷惑をかけたことを謝りました。


でも、反対に恐縮されて、謝られたのです。


 


でもなー、これからは、車で知り合いの家に訪ねていけないよなー。


そんな、2台も3台も駐車場のある家なんてないよなー。


ちょっと悩むオカでした。


 


 

スポンサーサイト

丹陽社の勉強会 住宅ローン金利と税金の話

20060827155128


うちの事務所、恒例の月一回している勉強会です。


今回は、五重塔はなぜ倒れないかというテーマで、五分の一の模型を実際に揺らした


映像を実際に見てもらいました。


そして、それについてのお話をさせていただきました。


 


でも、メインは税理士の岡田先生を招いての、ローンと税金のはなしでした。


今までは、建てることばかりで、お客さんの資金のことなどあんまり考えたことが


なかったんですが、いい勉強になりました。


 


参加していただいた皆さんの感想はまだ聞いていないのですが


わたしは、あらためて思いました。


やっぱり、家を建てるのはたいへんだ~。


いまさらながらに、感心してしまいました。

Why don't you "能"?

20060825234334


 


「能」を観てきました。


リーガロイヤルホテル中ノ島の一角にある住友クラブの催し物として開催されました。


能舞台でなくカーペット敷きの場所でするのは異例のことらしいのですが


古典芸能の普及活動の一環としておこなわれたのです。


 


事前に能の歴史や演目の解説などがあり、まったく能を知らないど素人のわたしにも


敷居の低いものとなっていました。


能はもともと武士のたしなみの一部で、大名などは必須の教養とされていたそうです。


ちなみに、能の動きは古武道の心得と同じだそうです。げんに柳生新陰流では


金春流の能を修得することが義務付けられているそうです。


 


照明を落とした中、謡いにあわせて演じる能楽師の動きは、きわめてゆっくりしたもの


ですが、動きによりその面の表情、手足の表現はすばらしいものでした。


本当は良くわからないんですが、生でそれもかぶりつきで観る「能」は


人をひきつける力を持っています。


 


実は、わたしの友人で町おこしをテーマにして活動をしている山田さんが企画をしたのです。


公演が終わったあと、進行を受け持った能楽師の山中さんを交えた打ち上げに


まぎれこみました。


わたしは何もせず、観ていただけですがイベントが終わった後の飲み会はいいものです。


好評だったので、引き続きいろいろなイベントをするそうです。


近々は以下のとおりです。


もし、ご興味があったら参加してください。


 


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Why don't you "能" ? 結成1周年記念      能面・能装束 虫干し一般公開  

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今年も恒例の虫干し一般公開を行います。

 能面…約180点 能装束…約30点 他

年に一度の貴重な品々を間近で鑑賞できるチャンスです。
9月3日(日)午後4時~5時は山中雅志によるお話会も予定しております。
ぜひ、ご家族、ご友人お誘い合わせの上、お越し下さいますようお願い申し上げます。

■日 時: 9月2日(土)、3日(日) 正午~午後5時30分(3日は午後5時まで)
■入場料: 500円(2名様以上での入場はお一人300円とさせていただきます)
      中学生以下100円※3日は終了後懇親会を開催します(会費:3,000円)
■会 場: 山中能舞台(大阪市阿倍野区阪南町6-5-8 TEL:06-6692-3840 
                   地下鉄御堂筋線西田辺駅徒歩5分 )
■お問合せ: YUI(結い)企画 yuikikaku@hotmail.com

主催:山中能舞台、Why don't you "能" ?実行委員会
協力:YUI(結い)企画


 


 

東梅田の夜はグンジョいろ。

20060825012119


久しぶりに、夜の梅田に行きました。


とある異業種交流会に、はじめて出席したのです。


今まで、いろいろな会に参加してきましたが、初めての参加はやはり緊張しますね。


 


戸惑いながらも、楽しく時を過ごして会場後にしました。


地下鉄の乗り場までの道は、やはりにぎやかでしたが


なんとなく以前と比べて活気が少ないように感じたのでした。

僕たちの戦争

20060823012425


 


久しぶりに時間を忘れて、一気に読んでしまいました。


現代の青年がタイムスリップして、第二次世界大戦当時の特攻隊の飛行士と


入れ替わる話なんです。


面白かった!


その当時の青年の考えていたことはこうなんだろうなと改めて考えさせられたんです。


自分がその立場になったときどうしたかという、シュミレーションをしてしまいました。


「僕たちの戦争」という題名の「僕たち」は僕たちなんだなぁと感心したんです。


 


夜の12時過ぎにちょっとさわりだけを読むつもりが、気がつけば朝の4時を


回っていたのです・・・・・・・・・。


あぁ~、ねむたいぞ!!と思ったのですが、こんな寝不足は結構平気なもんです。


 


あっと・・・・・・・、テレビでも4チャンネルでやるみたいです。


確か、9月17日(日)9時からだったと思うんです。


わたしは見ますよ・・・・・・。


 

四天王寺さんにお参りに行きました。

20060814173703


お盆なので、四天王寺さんにお参りに行きました。


私は大阪生まれなんですが、父と母は広島生まれなんです。


どちらもお墓は広島なんで、お彼岸とお盆はいつも四天王寺さんに


お参りすることになっています。


 


順番を待って、六時堂でお経を上げてもらいました。


なんとなく、簡単に済んでしまうなといつも思うんですが


お経をあげてもらうと、やっぱり厳粛な気持ちになり、そして


終わってお堂を出たときは、なんだかスッキリした気分になるのでした。

A3複合機

20060813151832


今日の居合いの第二道場は、主要メンバーが、お休みだったので


自然と、順延となりました。


まっすぐ帰ればいいのに、ふと、事務所のレーザープリンターの調子が


悪かったのを思い出して、新機種を求めて日本橋まで探索に出かけました。


 


日差しも強く、アスファルトの照り返しがムッとした空気を作りだす中、


何を思ったか、テクテクと恵比寿町を目指して歩いていきました。


お盆のお参りでごった返す一心寺を通り過ぎて、日本橋の電気屋街に


たどりついたのでした。


目指した電気屋街はお盆休みが入っているせいか、なんだか思ったより人並みも少なく


通りも比較的あるきやすかたんです。


こりゃあ、酔っ払っていても簡単に歩けるぞ・・・・・。


ひとり、思ってしまいました。


 


j新電気で、お目当てのA3プリンターの複合機を見つけました。


店員さんに、いろいろ話を聞いてどうしようかなと考えてしまいました。


 


よし、今度、アルコールの入っていないときに、もう一度検討しよう!!


のどの渇きと暑さに負けて、ビールを飲みながら歩いていた私でした。


 


ヨッパラっての買い物は失敗するものね!

柏原先生の昇段のお祝いです。

20060812224529


地元の小学校の剣道教室で、教えていただいている先生が一発で剣道6段を合格した


というので、その合格祝いに駆けつけました。


私は、このごろサボりがちなので飲み会があると出席するんだなといわれるのを


覚悟で参加したのです。


さほどお叱りもなく、和やかに宴は進みました。


やっぱり、一緒に汗を流しているもの同士、世代も性別も超えてホント楽しかったです。


ある程度盛り上がって二次会にカラオケになだれ込みました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


やっぱり、若い人たちのパワーはすごい!!!!


歌いまくり、呑みまくり、騒ぎまくり!!


ビールのピッチャーがみるまになくなり、どれだけ空いたのか!!!


夜の10時ごろから2時ごろまで、テンションは下がることなく続いていました。


それからどうなったことやら・・・・・・・・。


私は、こっそり退散しましたよ。


でも、よくオレも付き合った。


ウン、以前はオレもあんな感じだったよな・・・・・・・・。


ひとり、納得してしまいました。

台風はどこへいったんだぁ。

20060808130313


台風7号が接近中とのこと、でも大阪は雲は多くて風は蒸し暑いけど


晴れて明るい日差しがさしています。


台風はどこへいったんだぁ!


 


岐阜の知り合いから電話がかかってきました。


たまたま天気の話になり、静岡では台風の影響で大雨らしいとのこと。


またしても、大阪を外れて台風は通り過ぎていくようです。

扇風機

20060807192804


今日は、最高に暑かった。


ちょっと外回りをすると、歩いているだけで汗が吹き出してくる


また、風の熱いこと、まさに熱風だね。


現場で打ち合わせていて、少し時間が空くと、みんなボーとした顔になってくる


外で、話をするのには限界、ホント限界です。


 


早々の思いでクーラーの効いた事務所にかえってきて


私の席の横にある、私だけの扇風機のそばに陣取ったのでした。

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

オカ

丹陽社のホームページ

大阪で
木の家を建てるなら

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。